基本的なルールについて

期間工として働く場合、用意されている寮を利用する人は多いでしょう。理由は同程度の建物に住むのと比較すると、家賃や光熱費が安く済むことが多く、お金が貯まりやすいからです。ただし半年や一年といった短い期間とはいえ、他人との共同生活になるので、トラブルを避けるためにルールが設けられているのが一般的です。中でも外泊に関する規則については、厳格に決められている会社が多いです。結論から言うと、外泊は禁止という寮が圧倒的に多数です。これは外泊して仕事に遅れる、あるいはそのままいなくなってしまうといったことを防ぐためです。とはいっても、仕事が終わったあとは自由時間になるので、門限さえ守れば外出するのは問題ないです。

外泊できる場合があります

基本的には外泊するのは禁止になっているのものの、いくつか例外があります。例えば身内に不幸があった時などは、外泊しても良いといった会社は少なくありません。他にもたまたま寮の大規模改修の時期に当たってしまった場合は、近くのホテルや一旦実家に戻っても良いというケースがあるのです。また何かしらの理由で、門限の時間に戻れないといったことはゼロではありません。そのような場合、他の人の睡眠を妨げる可能性があるのなら、寮には戻らなくても構わないといったケースがあるのです。いずれにしても外泊するのなら寮長や、仕事場の責任者などの許可が必要です。加えて前もって外泊する日と、帰宅する時間を告げるようにすると良いでしょう。