生活の場を共有する寮ではルールを守ることが重要

期間工として働く人の生活環境は様々ですが、遠方から出稼ぎに来ている人は雇用先が用意した寮を利用するのが一般的です。食事が提供される所も多く、就労期間中の生活拠点としては非常に便利と言えます。しかし、複数の人と居住空間を共有する施設でもあるため、快適に過ごすには寮内のルールを守らなければいけません。特にゴミの捨て方は地域によって分別方法や捨てることができる曜日が異なるので、トラブルを避けるためにもルールの確認は不可欠と言えます。自分が住んでいる地域と異なるルールであっても、現在の居住地である寮のルールを守ることが社会人としてのマナーと言えるでしょう。不明な点があれば放置せず、すぐに寮の管理者に確認することも忘れてはいけません。

公序良俗に反する物品の持ち込みを禁止する寮も少なくない

寮は基本的に働く人が単身で暮らす場です。親族の目が届かないので、つい羽目を外しがちですが、それでも寮のルールを守って規則正しい生活を営むことが重要と言えます。また、寮によっては特定の物品の持ち込みを禁止している所もあるので、入居する際の確認を怠ってはいけません。他の入居者の迷惑になるとの理由でアルコール飲料や音響機器を禁止している寮は少なくありません。アダルトグッズも公序良俗に反するとして持ち込みが禁止される場合もあります。古い建物であればブレーカーが落ちるのを防ぐために家電製品の持ち込みを禁止している所がありますが、そのような所では快適に暮らすのは容易ではありません。

生活環境の良し悪しは働く意欲に大きく影響するので、寮を利用する際はその点を注意する必要があります。

期間工の仕事の多くは肉体労働で体力が必要となります。未経験で期間工の転職をする時は、短い期間で働ける所から始めて適性を見極めることが大切です。