期間工の基本給が高く設定されている工場も多い

期間工は、契約期間が三か月から一年程度と短いものの、派遣社員と比較すると基本給が高く設定されている工場も多くあり、収入にこだわって職場を探したい人にぴったりの働き方と言えます。特に、体力を要する自動車の組み立て工場などでは、シーズンごとに期間工の大量募集が行われることがあり、ベテランはもちろんのこと、未経験者もチャレンジしやすくなっています。また、期間工の基本給は、それぞれの工場で扱われている製品の種類や勤務先の経営状態などに大きく左右されます。そのため、期間工の収入の事情について詳しく知りたい場合は、いくつかの工場の採用説明会に参加をしたり、実際に期間工として一定期間働いたことがある人から直接話を聞いたりすることがおすすめです。

契約満了時に高額な慰労金が支給される工場もある

期間工は、正社員や契約社員のようなボーナスが無い代わりに、慰労金の名目で契約満了時に高額な現金を支給されることもあります。慰労金の金額については、企業の事業規模によってバラつきがありますが、大手企業が経営する工場においては、個々の期間工の勤務態度や実績に応じて五十万円から百万円程度に設定されることもあります。そこで、慰労金に着目をして期間工の仕事を探したい場合は、全国的に工場を展開している企業のホームページをチェックしたり、地域に根差した優良企業に求人募集の有無について問い合わせをしたりすることが大切です。なお、慰労金の支給条件は企業ごとに大きく異なるため、働き始める前に契約書を通じて必ず確認しておきましょう。